もぐもぐと独逸

ならでは食と独逸物語。

食べる

海外でしか食べれないもの。関西でしか食べれないもの。

チーズでないチーズ?レバーケーゼ Leberkäse(レバーチーズ)の正体を知る

ドイツのレストランで肉を頼むと、ボリューム満点でおなかがすぐにいっぱいになる。日本に野菜たっぷりランチなんてあるけれど、ドイツでは野菜は皿にちょっぴり添えられているだけだったり、皆無であったりすることも多い。よく添えてあるじゃがいもは、ド…

今宵のお茶 ―ルイボス・アプフェルストゥルーデル ROOIBOS APFELSTRUDEL

ちかごろ寝室が埃っぽい。 これまで朝には窓を全開してマットレスや布団をはたいていたのに、毎朝のルーティーンリストから忽然と消えたのは、冷たい雨が続いているからではない。(寒がりの私には恐ろしいけれど、雨が降ろうと、真冬だろうと、ドイツでは空…

ギリシア料理だとビフテキがチーズハンバーグだった話

日本ではUber Eatsが流行っているけれど、ドイツではhttp://Lieferandoというサービスがあってコロナ渦でよく使うようになった。 注文しようといろいろ見ていたら、ギリシャ料理のメニューに"Bifteki"、カタカナ書きすると「ビフテキ」を発見。これって日本…

春の宝石! 農家直売の巨大ホワイトアスパラ

心躍るもの。それは道沿いにあるスタンドで、農家の人から直接買う春のホワイトアスパラである。白く輝く春の宝石。 夫氏は、4月に入るとそわそわしだした。畑の広がる田舎に住んでいるということは、直売所で買えるということであり、それは春の何よりの贅…

黄金ディップ。マヨネーズ+ニンニクで夜食のパンがとまらない。

スペイン料理店でパンを食べた時のことだった。輝くような乳白色のマヨネーズディップが、バケットと一緒にテーブルに運ばれてきた。バケットにつけて口に放りこむと、マヨネーズとはまるで違う味がする。味がよくなるという意味じゃなくて、何かが入ってい…

真っ青!飛行石のようなチーズの正体を知る。

とある街の朝の市場で見つけた、日本ではほとんど幻のような真っ青なチーズ。 ひとめ見たときになぜか飛行石*1を思い浮かべたので、飛行石のようなチーズと言ってみたけれど、あの青はもっと深いので、飛行石と言うよりサファイアかトルコ石か。いずれにして…

ほのかな苦みの魔力。ビールで煮こんだ大人味の肉どんぶりをリピートしたい。

ほんのりと舌に残るビールの味が癖になる、ひょっとしたら不思議味の、ビール煮込みの肉どんぶり。おうち飲み会で余ったビールで簡単に作れる便利なメニューで、だんな氏のオリジナル、わが家の定番メニューである。 もともとのヒントは、ビールで煮込んだグ…

ストウブ派がル・クルーゼレシピで作ったら美味しかった豚肉のりんご煮

この一生で、林檎をキロ買いすることなんてないと決めつけていたのだけど、人生、何が起こるかわからない。ドイツに来ると林檎はとても身近で、スーパーで大量に袋売りしていたりするのだ。1キロなんてうっかり買ってしまうと、毎日のごはんで食べないかぎり…

月見焼を食べる!下手っぴでもぺたんこにすればオムレツになる

ぺたんこオープンオムレツは忙しい人の味方 余っている野菜を刻んで、炒めて、ミルクを入れた溶き卵を流し入れて、粉チーズをふりかけ焼いたらおしまい! の簡単レシピ。何が良いって、基本、具材がなんでもありなところと、形を整える手間がないところ。と…

お好み焼きみたい。具材いろいろ乗っけ焼き!Pfannkuchen プファンクーヘン

プファンクーヘン。ドイツ風厚焼きクレープ 昨年の春先に、デュッセルドルフ市内のカフェで、シナモンが誇らしげにふりかかる林檎の厚焼きクレープを食べた。しっとりとした生地に埋めこまれた林檎の薄切りは甘すぎずべたつきもなく、全体に優しく焼いてあっ…

STAUBで食べる!スモークサーモンとトマトの炊きこみご飯

ある時、TASTY JAPANさんのYouTube動画に鮭フレークとトマトの炊きこみご飯が載っていて、だんな氏が「これ、いいな」と色めき立った。 すぐに作ってみようという話になったけれど、ドイツでは鮭フレークが手に入りにくい。(アジアンマーケットになら売って…

パリサク軽うま! ドイツ的薄ピザ、フラムクーヘンFlammkuchenを食べる

薄くてパリッと香ばしく、サクッと軽く、ビールによく合う、ビールでなくてもよく合うフラムクーヘンは、ドイツでファンが多い薄いピザ。 この薄さ。窯で焼いたときにできる香ばしく焦げたふくらみがパリパリ感を作っている。 生地の上にふわっとかかってい…

コロナ渦のあるトラットリアについてー遙かなるカプチーノとフルフトゥディマーレ

よく行く店に、南イタリアの料理を出すイタリアンレストランがある。 シチリアのメニューを出しているエスプレッソバー兼トラットリアで、カプチーノが抜群においしく、贔屓にする人たちも多い。 コーヒーのほかにワインや食事、デザートや茶菓子もあって、…

甘くない。京都いせはん抹茶パフェは辛党男子も食べられる

黄緑のお菓子を食べませんか、と言われたら勝手に蛍光色の黄緑を思い出して「そんな光っているものいりません!」なんて言いそうになった記憶がある。けれどそれがピスタチオとか和菓子の緑となれば話は別だ。これほど美しい緑の甘味はない。 抹茶アイス。美…

ポルトガルで食べる小悪魔的魅力! 絶品、貝の酒蒸しを引き立てたのは誰だ。

以前、夏の休暇にポルトガルを旅したとき、二枚貝のワイン蒸しを食べたが、今でも忘れられないほど衝撃的に豊かな味だった。海の味が凝縮されているだけじゃない。なんとも言えない酸味と清涼感があったのだ。 酸味を引き出していたのはレモン、清涼感を出し…

おうちごはん。まぐろステーキ バルサミコ酢ソースにんにく風味を食べる

夕食をだんなさんが作ってくれた、まぐろステーキ バルサミコ酢ソースにんにく風味。 「ソースが何でできてるか当ててみな。」とだんなさん。バルサミコ酢、オリーブオイル、トマト、マッシュルーム、玉ねぎ、にんにく、白ワイン…。もうひとつあるらしいけど…