もぐもぐと独逸

ならでは食と独逸物語。

ポルトガルで食べる小悪魔的魅力! 絶品、貝の酒蒸しを引き立てたのは誰だ?

f:id:vitamin18:20191015162309j:image

以前、夏の休暇にポルトガルに旅したときに、二枚貝のワイン蒸しを食べたのだけど、今でも忘れられないほど衝撃的に豊かな味だった。海の味が凝縮されているだけじゃない。なんとも言えない酸味と清涼感があるのだ。

 

酸味を引き出していたのはレモン、清涼感を引き出していたのはコリアンダーである。とくに、コリアンダーは、私には意外だった。独自の香りがするし、スーパーで見かけてもなかなかメニューを思いつかない。扱いが難しく感じていたハーブだからだ。けれど貝の酒蒸しをするときにコリアンダーを使うと、こんなにも名脇役になるのである。

 

旅から帰って、ムール貝の酒蒸しをしてみたときに、コリアンダーを入れてみた。やっぱり、とても美味しかった。日本のあさりでもやってみたいけれど、まだ試せてはいない。ただ、コリアンダーの独自の香りとレモンの酸っぱさが、こんなに貝を引き立てるとは思わなかったので、今度から貝を食べるときには、ぜひ試してみたい組み合わせではある。日本酒には合わないだろうから、白ワインで。

 

ところで、コリアンダーには別名がある。パクチーだ。じつは、このポルトガルの料理を食べるまで、コリアンダーがパクチーだということを知らなかった。周囲には、独自の香りが苦手だという人もいるし、私ももともとは好きではない。

 

ところが、ポルトガル旅の非日常にテンションがマックスになっていたところに、写真の二枚貝の蒸し煮が出てきたのである。黄色いレモンと、謎の緑色の香草が、美しさを讃えて。

 

箸が進む、進む。(正確に言えば、手に持ってるのはフォーク)

 

「この香草で、貝がぐっと美味しくなっている気がする。」

 

わかったような食レポめいたことを言いながら、上機嫌で貝の身をほじり、頬ばっていた。そんな私を見て、夫がからになった貝殻に残った香菜に目をやり再び私を見つめた。

 

「コリアンダーだよ。コリアンダーって、パクチーだよね。苦手だって言ってなかった?」

 

目が点になり、数秒間、動きが止まる。知らないうちに、苦手を克服していたらしい。普段どんなに好きでないと思っていても、克服するときは、あっけないものなのかもしれない。正体がわかっても、やっぱり美味しい。

 

レモンとパクチーの小悪魔的魅力にほだされて、すっかり夢中になってしまった。貝殻を盃に、パクチーの混じった透明な煮汁を飲み干し、食事の間はずっと「美味しい、美味しい」を連発していた。