もぐもぐと独逸

ならでは食と独逸物語。

005 ポルトガル美食記 before corona ーカステラの原型とオレンジジュース

パオン・デ・ロー ベレンに到着した私たちは、発見の塔に向かいながら、カステラの原型になったパオン・デ・ローが食べてみたくて、お店を探していた。美味しい店がきっとあるはずだけどどこに行けば食べられるんだろうかと、ゴソゴソとスマホを取り出しなが…

004 ポルトガル美食記 before coronaー鰯、鱈、蛸!

ベレンに行く前に 旅全体にいえるのは、とくに食についてよく調べないまま旅をすると、ときどき致命的な事態を招くということだ。リスボン名物のエッグタルト、パステル・デ・ナタの元祖を食べるべきだったと、今も悔やんでいる。ジェロニモス修道院の秘伝の…

003 ポルトガル美食記 before coronaーカフェ「ア・ブラジレイラ」

誤算 ベビーカーを持ってきたのは、旅で楽をするためだ。小さい子どもを抱っこするより乗っていてくれたほうが体力を消耗しない。でもそれはあくまでドイツに限定すれば、という話だったらしい。 ポルトガルに到着してから数時間後、ナツさんと私は、自分た…

002 ポルトガル美食記 before coronaー無計画な旅支度

無計画な旅支度ー期待と不安 長期休暇の前日になると、仕事も終わらないうちからソワソワとして、昼過ぎには鼻歌を歌いながら帰ってしまう。ここドイツでは、そんな人を何度か目にしたことがある。ウアラウブ(Urlaub)と呼ばれる休暇って、人々にはとても大切…

黄金ディップ。マヨネーズ+ニンニクで夜食のパンがとまらない。

スペイン料理店でパンを食べた時のことだった。輝くような乳白色のマヨネーズディップが、バケットと一緒にテーブルに運ばれてきた。バケットにつけて口に放りこむと、マヨネーズとはまるで違う味がする。味がよくなるという意味じゃなくて、何かが入ってい…

真っ青!飛行石のようなチーズの正体を知る。

とある街の朝の市場で見つけた、日本ではほとんど幻のような真っ青なチーズ。 ひとめ見たときになぜか飛行石*1を思い浮かべたので、飛行石のようなチーズと言ってみたけれど、あの青はもっと深いので、飛行石と言うよりサファイアかトルコ石か。いずれにして…

ほのかな苦みの魔力。ビールで煮こんだ大人味の肉どんぶりをリピートしたい。

ほんのりと舌に残るビールの味が癖になる、ひょっとしたら不思議味の、ビール煮込みの肉どんぶり。おうち飲み会で余ったビールで簡単に作れる便利なメニューで、だんな氏のオリジナル、わが家の定番メニューである。 もともとのヒントは、ビールで煮込んだグ…