もぐもぐと独逸

ならでは食と独逸物語。

黄金ディップ。マヨネーズ+ニンニクで夜食のパンがとまらない。

f:id:vitamin18:20210328163148j:plain

スペイン料理店でパンを食べた時のことだった。輝くような乳白色のマヨネーズディップが、バケットと一緒にテーブルに運ばれてきた。バケットにつけて口に放りこむと、マヨネーズとはまるで違う味がする。味がよくなるという意味じゃなくて、何かが入っていることで、マヨネーズじゃなくなっている。この「何か」はいったい何なのか。わからなかった。

 

でも、だんな氏にはわかったのだ。もぐもぐ、ごくんとしたあとに「あ、ニンニクだ」と呟いた。それとレモンだそう。さわやかで、たこ焼きのような気軽さがあって、ガツンとくるこの味……! マヨネーズを食べている気持ちにも、ニンニクを味わっている気分にもならない、今まで食べたことのない極上の味だ。

 

メインディッシュがまだ来ていないにもかかわらず、黄金ディップをつけては口に運び、味わってはまた次、とたらふく食べていた。なにしろやめられない。

 

「マヨネーズとにんにくとレモンを混ぜればできるよ。パセリを入れてもいい。」

 

止まらない私を笑いながら(本人もこれは旨い! と言ってバクバク食べていたけれど)だんな氏が事もなげにアドバイスをする。彼の舌を信じて、さっそくうちで作ってみることにした。

 

 用意したのは、マヨネーズにレモン汁、イタリアンパセリ、それに隠れた主役、にんにく。

 

にんにくを刻み(すりおろしてもいい。刻むかすりおろすかはお好みで。)マヨネーズ、パセリ、レモン汁を小さな器に入れて、 混ぜ合わせれば、出来上がり。

 

料理とは言えないくらいとってもシンプル。混ぜるだけなんだから。

 

美味しい。スペイン料理店とほぼおんなじ味になった。お店のものはおそらくマヨネーズから手作りなので、やっぱり風味が違うけれど、それでも、自宅で手軽に作れるというのは嬉しい。これはスペイン料理でアイオリソースというのだそう。あとで検索してようやく知る。

 

パクパク、むしゃむしゃ。幸せ。つけて食べると、胸やけするんじゃないかと心配になるほどパンがすすむ。夜食に食べると、脂っこいものを夜中に食べる罪悪感とあいまってさらに味わいが増す気がする。マヨネーズをあまり使わない我が家なのに、すっかり定番になった。

 

※2019年4月27日の記事を加筆、修正。